協議離婚の養育費はどうやって決める?

協議離婚の養育費はどうやって決める?

協議離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)の養育費はどのように決めるものなんでしょうか。

決めるときのポイントとして、これら3つのこともあるでしょう。

・支払いの方法はどうするのか
・支払う金額はどれだけにするのか
・子供がいくつになるまでしはらうのか

まず、決済方法はどうするのかという点ですが、養育費(たとえ配偶者が再婚して子供が養子になった場合でも、支払いの義務はあります)は長期に渡って支払っていくのが一般的で、月払いとなる事が多いのです。

但し、夫婦双方の事情によっては数か月に一度とか、一括で前払いすることもあります。

また、ボーナス(その企業によって、支給する金額や支給額の算出基準は畭なっています)時には増額してもらうと言ったことが出来ます。

次に、支払う金額はどれだけにするのかという点になりますが、民法では養育費(自己破産しても、支払いの義務があることは変わりません)の算定方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)や基準など特に規定をしている訳ではありません。

金額を決めるには、子供を育てている際にかかっている費用や、今後の成長に伴い発生するであろう費用、夫婦相方の財産や、今後の収入、経済状況により、検討していく事となるのです。

かと言って、養育費算定表により、債務者が権利者に支払うおおよその養育費(法的には期間は決められていませんが、成人となる二十歳まで、あるいは、大学を卒業するまでということが多いようです)の相場を算定する事は出来ます。

おわりに、子供がいくつになるまで支払うのかというところですが、基本的には満20歳になるまでかも知れませんね。

一般的に多いのは、子供が「高校を卒業するまで」であったり「成人になるまで」であったりすると言われているものですが、中には「大学卒業まで」ということもあります。

養育費(法的には期間は決められていませんが、成人となる二十歳まで、あるいは、大学を卒業するまでということが多いようです)は、子供を引き取っていない債務者である親が負担すべきもので、財産分与や慰謝料とはまったく異なり、当然の子供の権利として受け取る事ができるものと定められています。

親としての扶養義務から、子供に支払う義務が生じると言われているのです。

そのため、夫婦間では養育費(自己破産しても、支払いの義務があることは変わりません)の不請求で合意していていも、子どもが請求すれば、扶養料請求としていつでも請求することが出来るようになっているんです