あがり症の症状が出た時、咄嗟に対処できることって?

あがり症の症状が出た時、咄嗟に対処できることって?

大切な場面であがり症の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が出たときに、ぱっと対処出来る事ってあるのでしょうか?まずは、心をゆったりと落ち着かせてくれる方向に持っていくために、呼吸法を取り入れてて下さい。
あがり症で呼吸が乱れるのは、殆どの人に起こり得る症状であるため、呼吸法(呼吸のやり方を変えることで、心身をコントロールしようというものです)の実践は有効はずです。
あがり症で呼吸が乱れてしまった際、重度になると、呼吸の仕方がわからなくなると言ったパニック状態に陥る場合もあるほどです。
そうなってしまわないためにも、呼吸法(腹式呼吸が有名ですが、密息や片鼻呼吸など、色々なやり方があります)の実践が大切なのです。
あがり症に有効な呼吸法(ヨガや空手、気功、マラソンなどは、それぞれ独自の呼吸法があります)は、腹式呼吸(なるべく胸郭を広げず、お腹を意識して呼吸します)です。
いわゆる深呼吸の事で、心身をリラックスさせる効果的であるになるでしょう。
そこで、ここでは、腹式呼吸(息を吸うよりも吐く方に重点を置くのがポイントでしょう)の方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)を説明します。
立っていても座っていても構いません。
最初の段階では、背筋(キレイに伸びていると、相手に好?象を与えられるでしょう)を伸ばして、顎を引き、肩の力を抜いてください。
おなかに手を当てて、息を吸い込みます。
この時、おへその下にあたる丹田といった部分に空気を送り込むイメージでおなかをふくらませましょう。
次に、口からゆっくりと息を吐き出します。
おなかをへこませながら、しっかりと息を吐ききることが重要です。
息を吸った時の倍くらいの時間をかけるくらいの気持ちで吐いて下さい。
コツとしては、息を吐くと共に、肛門をひきしめるということになるでしょう。
そうすれば、長くゆっくりと吐き出すことができるでしょうよ。
更に効果を高めたいときは、イメージトレーニング(筋肉トレーニングや健康維持のためのエクササイズであれね、継続して行う必要があるでしょう)を加えるとよいと言われています。
自分に自信が付くような前向きなイメージをしてみてください。
自分は落ち着いている、上手に出来る、というように。
あがり症の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が起こっている時に、呼吸法を実践しようとしても、常日頃から腹式呼吸(色々なやり方があり、きちんと行おうとすると案外難しいものです)に慣れていないとなかなかうまくいかないと言われていますね。
普段から腹式呼吸(色々なやり方があり、きちんと行おうとすると案外難しいものです)の練習を行うことで、呼吸法(ヨガや空手、気功、マラソンなどは、それぞれ独自の呼吸法があります)を体で覚えて、いざといった時にしっかりと対処することができるでしょう