保育園生活にケガはつきもの

保育園生活にケガはつきもの

保育園生活の中では、多少のトラブルはつきものです。その中でも最も多いトラブルと言えば「ケガ」です。少しのケガであれば、あまり神経質になる必要はありません。
保育園には毎日たくさんのお子さんが集まり生活しています。その中で小さなケガが起こることは日常茶飯事です。病院に行くまでもないケガはお子さんが活発に成長している証拠というふうに前向きに捉え、処置は保育園側にお任せしてしまいましょう。
遊んでいる最中にぶつかったり転んだりして出来た擦り傷程度のものなら、あまり気にする必要はありません。しかし実際に見て手当てが十分でないなどの不安を感じた場合はきちんと伝えておきましょう。
お子さん同士のトラブルで注意した方が良いのは「噛み付き」によるケガです。特に低年齢のお子さんは、上手く自分の感情を相手に伝えられず、噛み付いて感情を表現することがあります。
このことは保育士の先生も考慮しているので、日頃から十分注意を払っています。しかし、先生が気付かない場面で噛み付かれている場合もあります。お子さんが噛み付きと思われるケガをしていた場合は、念のため保育園側に報告しておくことをおすすめします。
ただケガをしたからと言って、むやみに保育園や噛み付いたお子さんを責めるのは良くありません。逆にご自身のお子さんが他のお友達にケガをさせることもあり得ます。心配な場合も冷静に対処するよう心がけましょう。
お子さんが健やかに過ごせるような環境を作ることももちろん大切なことです。しかし、トラブルのないよう注意するばかりの生活も、お子さんを疲れさせる原因となります。細かいことは気にせず柔軟な対応を心がけることも大切です。