お母さん同士の上手な付き合い方

お母さん同士の上手な付き合い方

保育園に通うようになると、お子さんを通じて交友関係がどんどん広がります。一緒に遊べる友達が出来るようになると、その友達を通じてお母さん同士のお付き合いも始まります。保育園とのつながりだけではなく、お母さん同士のつながりも大変重要なものとなります。
一方で、「ママ友」とも呼ばれるお母さん同士の付き合い方に悩む方も少なくありません。これは保育園に対する悩み同様大きな問題となります。
しかしお母さんが悩むことでお子さん同士の交友に支障が出てはいけません。出来るだけ負担を回避しながら、お母さん方と上手に交流していくことが大切です。
たくさんの子供たちが通う保育園では、お母さん方の性格も様々です。中には明らかに性格が合わないと感じる方もいらっしゃいます。とは言っても、日頃からお子さん同士が仲良くお付き合いしているのであれば、避けてしまうのは失礼です。
お母さん方と付き合う際は、あくまでもお子さんを通じた交友関係であることを前提としておくと、負担のないお付き合いが出来ます。お子さんが楽しく保育園生活を送るためには、苦手な方でも上手にお付き合いすることが大切です。普段お子さんがお世話になっているという感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。
しかし、むやみに良い付き合いを心がけるのもかえって負担になります。どうしても対応出来ないことは丁寧にお断りしても構いません。万が一そのことで関係が悪化したとしても気にする必要はありません。お子さんが関係を修復してくれる機会もあるでしょう。
保育園生活は親子で楽しみたいものです。お母さん同士のお付き合いも上手に楽しみましょう。