保育園で薬を飲ませる場合

保育園で薬を飲ませる場合

子供たちが集団で生活する保育園では、病気に感染して体調を崩すこともあります。急に熱を出す場合にも備え、常に薬を準備しているご家庭も多いでしょう。
体調が悪い場合は基本的に薬を飲ませることになります。もし保育園登園時にも薬を服用させなければいけない場合の対応策をご紹介しましょう。
実は、薬の服用させることは医療行為に当たるため、保育士の先生が園児に薬を飲ませることは原則として禁じられています。しかし、そのせいで昼間に飲まなければいけない薬が服用出来なければ、病気の完治が遅くなるどころか、悪化することも否めません。そのため、保育園での薬の服用は、以下のような対策が取られています。
まず1番推奨されているのが、朝晩のみ服用する薬を処方してもらうことです。保育園で過ごす昼間は薬を飲まなくて良いので、上記のような心配がいりません。
それが出来ない場合は、薬を服用する時間に保護者が登園し、服用させます。しかし実際に仕事の合間に保育園に行くことはなかなか難しいでしょう。どうしても無理な場合は、保育園側に服用を依頼することになります。
保育園で薬を服用させてもらう場合は、事前に承諾書や誓約書を作成し、提出しておきます。万が一薬の服用によって体調が急変した場合に備え、責任を明確に提示する必要があるためです。
しかし、実際の保育園の現場では、慢性的な病気を抱える園児も多数います。薬に関しては保育園側も柔軟に対応してくれるので、難しく考える必要はありません。心配があれば事前に相談しておきましょう。