国からのサポートを受けた認可保育園

国からのサポートを受けた認可保育園

「認可保育園」と掲げられた保育園を見たことはありませんか。大事なお子さんを預ける場所ですから、「認可」は1つの安全基準となり、見逃せないものです。では、この認可保育園とは具体的に何が認められたところなのでしょうか。
認可保育園とは、国によって定められている基準を全てクリアした保育園のことです。一般的には市町村などが運営する公立の保育園のことを指しますが、私立の保育園が認可保育園となっているケースもあります。
認可保育園は、国や地方自治体からの助成が充実しているため、保育費用が安く済むなどの利点があります。保育園自体も国や地方自治体から保護施設に指定されるので、どんなときでも安定して保育を受けることが出来ます。
唯一厳しいのは、お子さんを入園させるために、審査を強いられるところです。国や市町村が管理する以上、入園にもある一定の基準があります。
認可保育園では、基本的にはどうしても保育園での預かりが必要な子供から優先して入園させなければなりません。育児休暇の期限が迫る方は、早めに審査の申請をしておいた方が良いでしょう。
また、同じ認可を受けていると言っても、保育カリキュラムまで全て同じというわけではありません。保育園によってそれぞれ特色も違いますので、事前に園の雰囲気などを調べておきましょう。さらに自宅や職場からの通いやすさや、お子さんと保育園との相性なども踏まえた上で検討しましょう。
認可保育園は安心出来るところもたくさんありますが、あくまでも1つの基準として見るようにしましょう。実際の雰囲気を見極めてから、入園を検討されることをおすすめします。