子育て支援センターを有効に活用しよう

子育て支援センターを有効に活用しよう

保育園の中には、地域の子育てを率先してサポートしてくれるところがあります。これらは子育て支援センターとして積極的に支援活動を行っています。活動内容は地域や保育園によって異なりますが、育児に悩む保護者の心強い味方となっています。
中でも最も代表的な活動が、保育園内の開放です。毎月子供たちが保育園のお庭や教室で遊べる日が設けられています。一部の保育園行事にも参加出来るところもあります。
お子さんにとっては、保育園に通う園児と一緒に遊べることで楽しい時間を共有出来るでしょう。お母さん方にとってもご近所に暮らす方々と交流が持てる貴重な機会になります。親子で積極的に出かけてみて下さい。
また子育て支援の一環として、一時預かりを実施している保育園もあります。例えば保護者の急な病気や冠婚葬祭などでお子さんの面倒がみれないときに、お子さんを代わりに預かってくれるサービスです。週に何度かパートに出かけるお母さん方も、このサービスを利用しています。
家庭で子育てされるお母さん方も、このようなサービスがあればいざというときに便利です。一時保育には定員がありますので、利用前に確認しておきましょう。
他にも子育て支援センターでは様々な活動が行われています。ご家庭を出ていろんなお友達と触れ合う場を設けることは、子供の成長にも欠かせないことです。
保育園に入園する前のお子さんも、このような支援に参加することで、実際の保育園の雰囲気を味わうことが出来ます。お母さんにとっても保育園を選ぶ際の参考になります。親子で入園前の不安が解消されますので、積極的に活用してみてはいかがでしょうか。