空きがあれば入園出来る無認可保育園

空きがあれば入園出来る無認可保育園

認可保育園の入園許可が下りず、無認可保育園への入園を検討しているというご家庭も多いでしょう。認可保育園は各市町村の担当部署で入園手続きを行いますが、無認可保育園はどのようにして手続きすればいいのでしょうか。
一般的に、無認可保育園への入園申し込みは、保育園側へ直接申し込みます。しかし市町村によっては、独自基準で認可保育園と同様に扱われているところもあります。各市町村で詳しく確認しておくと良いでしょう。
無認可保育園は、認可保育園と違い、両親の就労状況などの審査がありません。定員が空いていれば入園することが出来ます。
空きがあれば入園出来る手軽さから、認可保育園へ入園出来るまで一時的に入園させるというご家庭も多いです。早くは出産前から入園申し込みをされる方もいますので、無認可保育園も早めの検討が肝心と言えます。
申し込み手続きの際は、家族状況を記入する家庭調査票と、母子手帳などのお子さんの健康状態を確認出来る書類を提出します。その他保育上考慮しなければならない点がある場合は、事前に保育園側へ伝えておくと安心です。先に伝えるのが無理な場合でも、入園初日の提出で対応可能な保育園もあります。
無認可保育園の1番のデメリットは、経済的な負担が大きいことです。認可保育園に比べると、多額の費用がかかります。費用面が心配なのであれば、認可保育園の転園を視野に入れ、入園待ちを継続しながら通わせるのが良いでしょう。