知っておきたい保育園と幼稚園の違い

知っておきたい保育園と幼稚園の違い

家庭のことや仕事と育児を両立させたいお母さん方にとって、子供を預かってくれる施設は大変心強い味方です。一般的には保育園や幼稚園に預けることを検討する方が多いようですが、保育園と幼稚園では違いがたくさんあることをご存知ですか。この違いをしっかり認識しておくことで、お子様もお母さんも快適に過ごすことが出来るでしょう。
まず、保育園と幼稚園では、管轄している国の機関が異なります。保育園は、基本的に乳児から幼児を保育する機関と定義されていて、厚生労働省が管轄しています。幼稚園の方は、学校としての扱いが強く、文部科学省が管轄しています。
また、入園資格もそれぞれ異なります。保育園の場合、両親の仕事の状況や家庭内の事情など、一定の条件をクリアしないと入園出来ません。しかし、幼稚園の場合は、所定の年齢に達していれば問題ありません。
一般的な幼稚園の入園年齢は、満3歳以降となります。しかし現在では、保育園のように2歳でも入園出来る幼稚園も増えています。
そして、最も注目すべき違いは、預かってもらえる時間の違いでしょう。幼稚園では、保育時間は4時間が基本なのに対し、保育園では8時間の保育が可能です。保育園によっては、さらに夜間までの延長保育を行っているところもありますので、仕事が忙しいお母さん方は保育園を検討すると良いでしょう。
幼稚園の場合、基本的には「学校」というシステムなので、夏休みなどの長期休暇もあります。しかし、最近では保育園のように長時間の保育が可能な幼稚園も登場しています。現在の社会的背景を踏まえると、幼稚園もどんどん保育園と同じような形態になっていると言えます。