保育園の入園年齢は園によって異なる

保育園の入園年齢は園によって異なる

基本的に、保育園は0歳児から入園出来ます。しかしそうとは言っても、生まれてすぐの赤ちゃんを預けられる保育園はほとんどありません。特に小さな乳児は幼児以上に保育に手間がかかりますので、入園年齢があらかじめ設定されている保育園が多いのです。
0歳児保育を実施している保育園の場合、お母さんの産休明けからの保育が可能なところもあります。労働基準法では産後8週間以上経つと職場復帰が認められますので、早ければ生後2ヶ月頃から入園させることが出来ます。出来るだけ早い職場復帰を望む場合は、このような保育園を検討しましょう。
一般的な保育園の多くは、入園年齢は乳児の月齢によって定められています。赤ちゃんの安全のため、発育が安定する生後4ヶ月〜6ヶ月頃から受け入れるところが多いのです。
早い時期から預かってくれる保育園はまだまだ少ないので、産休の期間だけでは入園させることが出来ないというご家庭も少なくありません。その場合は、育児休暇を合わせて利用し、入園出来る年齢になるまで仕事復帰を待つという方が多いようです。
しかし、入園手続きはその年齢に達していなくとも事前に行うことが可能です。詳細をあらかじめ確認し、保育園もしくは役所などの公的機関で手続きしておきましょう。
特に、0歳児をはじめとした低年齢の保育園入園は年々競争率が高まり、入園が難しくなっています。職場復帰される方以外にも、やむを得ず保育園に預けなければいけない場合は、なるべく早めに詳細を調べ、手続きを取っておくことが重要です。