保育園に預けるために必要な費用とは

保育園に預けるために必要な費用とは

子供を保育園に預けるとなると、1番気になるのは費用ではないでしょうか。職場復帰すれば毎月の収入も安定しますが、保育園の費用がかさむとなると生活を圧迫しかねません。入園を検討する場合は、費用についても前もってよく調べておきましょう。
一般的な保育園の費用をご紹介します。まず認可保育園の場合は、国や地方自治体が管理しているので、保育料はご家庭の所得によって決定されます。低所得の家庭は保育料が無料になる場合もあります。収入が多い場合でも、上限はおよそ6万円ほどとなっています。
また、保育料は子供の年齢によっても変わります。基本的には、2歳児までの乳幼児ほど費用が高額になり、3歳児以降になると安くなります。乳幼児は面倒を見る手間が多いため、年齢が低いほど費用がかかると考えて下さい。
保育園によっては、兄弟で揃って入園する際、保育料の割引を実施してくれるところもあります。ある保育園では、お兄ちゃんまたはお姉ちゃんの保育料が半額になるという割引制度を適用しています。兄弟がいる家庭は、このような制度も利用出来るか調べてみましょう。
一方、無認可の保育園の場合、認可保育園よりも費用が割高になるところが多いです。兄弟での割引を実施している保育園もありますが、認可保育園と比べると、割引率はそう高くはありません。無認可保育園を検討する場合、費用面をしっかりと確認し、無理はないか慎重に判断することが大切です。
また、保育費用の他に忘れてはいけないのが、備品や設備費用、PTA会費などの諸費用です。平均的な金額は高くても3000円程度ですが、こちらも合わせて検討する必要があると言えます。