子供が病気になったときに備えて

子供が病気になったときに備えて

子供を保育園に預けて働く際、悩みの種となるのが子供の病気です。熱などで保育園に預けられない状況になった場合、どのように対応するかあらかじめよく考えておく必要があります。
一般的には、子供が37度5分以上の熱を出している場合、保育園は保護者に連絡を入れ、帰宅させる手配をします。朝から熱がある場合はもちろん園に預けることは出来ません。
保育園では集団で活動するため、そこから風邪などをうつされることもあるでしょう。入園したばかりだと、不慣れな環境で突然熱を出したりすることもあります。急なお迎え要請にも応じられるよう、あらかじめ準備しておくことが大切です。
子供が病気になった場合でも、柔軟に仕事の調整が出来る環境であればベストです。しかし、それも難しいというご家庭もあるでしょう。急な状況に備え、事前に夫婦の間で対応策を話し合っておくことは大変重要です。
共働きの家庭で、夫婦どちらも仕事の調整が難しいという場合は、両親や親戚、またはご近所付き合いのある親しい方に、面倒を見てもらえるよう頼んでみるのはいかがでしょうか。頼れる人がいる場合は事前にお願いしておくのも良い方法です。
では周りにそのような頼れるあてがいない場合はどうしたらいいのでしょうか。どうしても面倒が見れないという場合、保育園以外でも預かってもらえる場所やサービスがあります。病気であっても預けることが出来る託児所や、ファミリーサポーターを利用することをおすすめします。
いざというときに備えて、子供が病気になったときの対策は、事前に整えておくことが大切です。慌てず安心して対応出来るよう、しっかりと確認しておきましょう。