保育園で行われる主な行事とは

保育園で行われる主な行事とは

保育園では毎月様々な行事があります。中には保護者参加が必要なものもありますので、事前にどんな行事があるかチェックしておきましょう。
大抵の保育園は、大きな行事は土日や祝日に合わせて開催されます。仕事はもちろん、他の予定ともあらかじめ調整が出来るよう、行事は年間を通して把握しておくと良いでしょう。一般的に行われる主な行事をご紹介します。
まず、入園して最初に行われる行事が、入園式です。ご存知の通り、4月の初めに行われます。
5月になると、遠足が開催されます。遠足は園児と保育士の先生だけで出かける所もあれば、親子で出かける所もあります。
7月に入ると、プール開きが行われます。七夕などに合わせ、夏祭りが開催されることもあります。親子参加が必要なお祭りの場合は、あらかじめ参加予定を立てておきましょう。
秋も深まる10月には、いよいよ目玉イベントとも言える運動会が開催されます。9月頃から運動会に向けての練習が始まりますので、お子さんの体調管理も注意しなければなりません。
運動会で欠かせないのが、保護者参加の競技です。怪我に気を付けて、お子さんと一緒に楽しみましょう。
年の瀬も近付く12月には、クリスマス会やお遊戯会といった行事が開催されます。これらも大変楽しみなイベントですが、寒さが増すこの時期はインフルエンザなどの感染症が流行します。うがい手洗いを忘れず、予防に努めることが大切です。
年が明けて3月になると、ひな祭りなどの行事を経て、いよいよ卒園式が行われます。進級するお子さんも、成長の節目を迎える大切な月です。保育園から持ち帰った持ち物の確認や、新年度に向けての準備を行いましょう。