保育園で過ごす1日の流れとは

保育園で過ごす1日の流れとは

保育園の入園手続きを終えてほっとすると同時に、これから始まる園での生活に不安を覚えるお母さんも少なくありません。今までずっと同じ時間を過ごしたお子さんと離れて過ごすことになるので、心配なのも無理はありません。ここでは保育園での一般的な1日の流れをご紹介しますので、不安を軽減するためにも参考にしてみて下さい。
まず、朝にお子さんを登園させることから1日が始まります。保育園の登園時間に合わせて登園するのが一般的ですが、仕事の都合がある場合は早くから登園を受け付けてくれる保育園もあります。
登園後は、教室で持ち物を整理し、クラスの園児が揃うまで、それぞれ遊びながら待ちます。9時も過ぎて全員が集まると、保育園全体やクラス内での保育が始まります。朝の会や体操をする他、絵本の読み聞かせなども行われます。
10時を回ると、朝のおやつを食べる保育園もあります。これは2歳以下の園児たちに限って実施されていて、3歳以上は午後のおやつのみとなります。
お昼になるまで遊んだ後、11時30分を回ったあたりから昼食の時間になります。昼食はお弁当を持参しなければいけない保育園が多いですが、食育に力を入れている保育園も増えています。普段の家庭の中とは違う食事を新鮮に感じるお子さんも多く、昼食の時間は1日の間で最も大切な時間だと言えます。
昼食後は、2時間ほどのお昼寝を経て、3時におやつを食べます。そして夕方になると、降園の準備を始めます。4時を回った頃からお迎えが始まり、家に帰って行きます。
このように、保育園での過ごし方を把握しておくと、安心して通わせることが出来ますね。