学習塾の比較の仕方

学習塾の比較の仕方

非常に多くの学習塾があるためにどこに決めれば良いのか悩んでしまう、情報があふれているために余計に混乱するという事態も起きているようです。
そういう場合には、学習塾ごとの指導についてや授業スタイルなど、見比べてみてはいかがでしょうか。
まず大手の学習塾と個人経営の学習塾を比較してみると、大手はカリキュラムや受験の対策などのノウハウが十分あるという点があります。
大規模経営の学習塾では、全国規模の模試などで自分の実力をしっかりと把握することができるという長所があります。
しかしながら1クラスに生徒が多数いると、個人的な対応ができにくい、疑問に思ったところも質問できないなど勉強しづらいと思うこともあります。
でも個人経営の学習塾は規模が小さいため、和やかな雰囲気の中で学習に取り組むことが可能です。
親しい雰囲気で、質問や相談などをしやすいというメリットもありますが、緊張感を保てない、大手の全国模試などに参加できないなどといった短所も挙げられます。
それから、考慮したほうがいいことには学習塾の授業の体制があります。
学習塾の教え方には、グループで行うものと個別指導があります。
マンツーマンや先生1人に対して生徒が2人などといった少人数制の授業であれば、子どもの能力に合わせて学習プランを組んでもらえるというメリットはあります。
けれど、子供のほうが1対1というスタイルで授業を行うことで緊張したり、学習することに気持ちを集中できないケースもあります。
どのようなスタイルの学習塾がいいのか、子どもの向き、不向きも考えて、押し付けるのではなく自ら進んで通えるような学習塾を探し出しましょう。