学習塾のカラー

学習塾のカラー

学習塾とまとめて言いますが、塾によってそれぞれのカラーがあります。
学習塾を大きく分けると、受験のための勉強をする進学系のところと学校で遅れてしまったところを教えてくれる補習系があります。
補習系の学習塾の場合、学校の授業時間のみでは学習しきれない、新しく習う分をうまく消化することができない子どもに対して学校より先に予習の勉強を行います。
また、分かっていない箇所を取り上げて、復習として学ぶことができます。
個人経営で行なっている学習塾は一般的には、補習系に含まれます。
難関の学校に入るための学習塾では、学校の授業よりも高度な内容で取り組ませています。
難関校への進学を目指す学習塾は誰でも行けるというわけではありません。
難関校への進学を目指すコースに通うためには、入塾試験を行い合格する必要があります。
大手の学習塾であれば、補習系のクラスと進学系のクラスを各自の学力レベルで区分して学習させていきます。
この他に、学習塾の授業のやり方には少人数で実施する授業、多くの人数で実施する授業、自習形式、個人的に教えてくれる方式などに分かれます。
集団授業を採用している学習塾なら10人以上の子どもが1クラスという形です。
少人数制の学習塾は生徒5人から10人までを1クラスとしているところが一般的です。
個人経営であれば、1人の先生が5人から10人くらいの生徒を教えるという、この形式が多いでしょう。
自習をさせるタイプの学習塾なら例としては公文式や学研教室などで、学年の異なる子ども達が同室で一人もくもくと課題に取り組む形になります。
個別指導の場合は1から4人以内の生徒を1人の先生が見るというもので、さらにきめ細かく指導してもらえるでしょう。
でも、個別指導で教える学習塾というのは月の費用が他より高いでしょう。