能開センター

能開センター

ワオ・コーポレーションが経営する学習塾の能開センターは、楽しみながら学べる授業を目指しています。
学習塾の能開センターを支えている講師は、はっきりした基準の下に選び抜かれています。
最も良い授業ができるよう必要な授業力、指導力、教科力の3つの力を持った人が学習塾の先生に採用されています。
能開センターも学習塾のひとつですが、通常の学習塾と比べて指導に対する考えが違うようです。
勉強の指導はもちろんですが、生徒たちが塾の建物に入ってくるときから能開センターにおける指導は開始されています。
能開センターでは、塾に来た子どもたちがきちんと挨拶できているかどうかもフロント指導という名の下に、重く考えています。
能開センターが会員に求めるものには、自分から積極的に挨拶することや思いやりや感謝の心という考え方が盛り込まれています。
そして、学習については高い目標を持ち、自ら学び、自ら考え、自らの判断で行動できる生徒の育成がモットーです。
入会の前には無料で受けられる入会テストや学力判断テストを受験しなければなりません。
これらのテストにより入塾の合否や難関クラス参加資格の有無の判断がされます。
学習塾で選べる授業コースは、小学校の5、6年の場合なら高校受験準備コースを選ぶことができます。
中学生に上がると有名高校受験、難関高校受験、最難関高校受験という段階ごとにクラス分けがなされます。
能開センターは学習塾の中では珍しく、子どもたちが将来大人になったときに求められる人間力を育てる指導をモットーとしています。