おねしょと夜尿症

おねしょと夜尿症

おねしょというのは、年齢や性別に即してタイプや引き金となっているものがいろいろあります。
まず一つとして、小さな子どもがするおねしょは、膀胱の大きさが十分でないために起こりがちになるという身体的なつくり、要するに、肉体的な機能が発達しきれていないのが理由です。
小学生以上や成人になってもおねしょが頻繁に起こる場合には、夜尿症と呼ばれる病気にかかっていることが多く、この病気は、抗利尿ホルモンの分泌量が夜になっても増加しないことに起因することがほとんどです。
そして、大人の女性で子どもを産んだことがある人は、骨盤の底に位置する筋肉が衰えてしまうことが原因で尿漏れやおねしょが生じやすい状態になっているでしょう。
このような際には、骨盤底力のストレッチトレーニングを行うことによって、尿漏れやおねしょの頻度も改善が見られるでしょう。
大人の男性においては、前立腺の疾患が元となり、尿漏れやおねしょが起きる場合がありますが、これは病気の症状の一つになりますので、医師に診てもらい、薬による治療法などを試みることが一番でしょう。
あとは、いずれの性別の場合も年齢を重ねるとおねしょをしてしまうこともあるのですが、これは体全身の筋肉の衰えが要因として考えられます。
これには、骨盤底力を中心に、無理はしないようにしながら全身の筋肉を刺激するストレッチをすると良いでしょう。
また、おねしょの原因で共通して挙げられるのが、ストレスや水分の過剰摂取ですが、これらを改善し、きちんとした日常生活を送ることにより、おねしょをしなくなったという人もいます。
おねしょをしてしまうとがっかりしたり焦ったりしますが、当人も家族もあまり気にしないようにし、そしてしっかりと受け止めて少しずつ治療を施していくことが最も大事なことだと言えます。