ストレスと腰の痛みの関係って?

ストレスと腰の痛みの関係って?

ストレスと腰の痛みの関係性について、説明します。

「腰とストレスなんて、関係があるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれないですが、ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)が私達の心身に与える影響はとても大きいなのですね。

腰の痛身についても、同じことが言えます。

ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)と一口に言っても、悪い事ばかりではなく、適度なストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)を課すことにより、良い方向に向かう場合だってあります。

しかし、強度のストレスをかけてしまうと負担になり、健康に良くない事が起こってしまうはずです。

腰の場合、常に腰の筋肉を緊張状態にしてしまっていると、過度のストレスがかかってしまうでしょう。

また、精神的なストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)によっても自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症になってしまいますが、その症状は人によって違います)が乱れ、血行不良(運動をしたり、サプリメントを利用することで改善できます)になる事によって、腰の痛みを発するという事もあるようです。

医師に診てもらい、レントゲンやMRIなんかの検査をやってみても、なかなか原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)が特定されない腰の痛みがある場合は、このようなストレスによる腰の痛みというところもも考えられるのです。

そういう場合は、同じ姿勢を取らないようにしょっちゅう姿勢を変更してみたり、精神的な緊張が続かないように、リフレッシュ(定期的に意識してやらないとストレスがたまってしまいますね)する時間を作るようにして、きちんと体と心を休めるなさってくださいね。