覚えておきたい「5つの領域」

覚えておきたい「5つの領域」

幼稚園の選び方として何を重視しているかを聞いてみると、幼稚園の規模や、園バスがあるかどうか、給食制であるのかなどを挙げる親が多いようです。しかしこれらは、幼稚園の基本とは少し違っています。本来は、幼稚園は子供のために何をどうするところなのか、ということを考えるべきなのです。
そこで基本にかえって考えたいのは、幼稚園の存在意義です。幼稚園は、学校教育制度の根幹である「学校教育法」において、「子供の生きる力を育てる場所」と定められています。また、その目的のために、以下の5つの領域を定めて指導を行うことになっています。
「健康」
身体的にも精神的にも健やかで、安全を尊重する
「環境」
周囲の環境に関心を持ち、きちんとコミュニケーションをとる
「人間関係」
思いやりを大切にして他人と上手に関わる
「表現」
考えていることや感じたことを素直に表に出して、感性や想像力を高める
「言葉」
自らの言葉で相手に気持ちを伝え、自分も相手の話していることを受け入れる
幼稚園ではこれらの5つのことを、自然なかたちで習得させるための場所です。その基本を忘れずに園児に接している幼稚園であるかどうかを、幼稚園の選び方のとしておさえておくことをおすすめします。
幼稚園の選び方というと、行事やカリキュラム、設備などに注目してしまいがちですが、「幼稚園とは」という基本を忘れていない園を選ぶことが大切です。これは、園長先生や先生方の様子や、子供たちとの接し方を見ることで分かるはずです。