幼稚園の「第三者評価」を参考にする

幼稚園の「第三者評価」を参考にする

幼稚園の選び方としては、地域の自治体が行っている「第三者評価」を参考にするという方法があります。第三者評価とは、幼稚園や福祉関係の施設の運営状況などについて公開されている、客観的に判断した評価です。
内容としては、施設の運営状況の他に、利用者の感想や意見、改善を希望する点などの評価が中心です。この結果は、自治体のホームページに公開されているので、誰でも見ることができます。
幼稚園など、第三者評価を受ける側は、その費用として30万以上も払っています。かなりの高額ですが、幼稚園にしてみると、第三者評価を受けていること自体が、園のステータスであると考えているのでしょう。
実際に、地域内の幼稚園で、第三者評価を受けているか否かで、幼稚園に対する周囲の見方が違うという話も聞きます。親としても、第三者評価を受けているかどうか、また、その評価内容がどうであるかは、幼稚園の選び方に影響することでしょう
なお、第三者評価については「事業評価」と「利用者評価」で構成されています。このうち、事業者評価は、実際に幼稚園を見た上で下された、客観的な評価なので幼稚園選びの判断材料になります。しかし、評価を下す人は幼稚園の専門家ではないので、あくまでも参考意見として捉える方がよいでしょう。
第三者評価は、全ての自治体において実施されているわけではありません。幼稚園の選び方の一つに加えたいと思っているのであれば、問い合わせをしてみましょう。