付属幼稚園の受験について

付属幼稚園の受験について

幼稚園の選び方の中には「幼稚園受験」もあります。これは、特定の幼稚園に入るために受験をするというよりも、その幼稚園が小中高、大学などの付属幼稚園であることが多いようです。もちろん、他に受験して入りたい小学校があって、そこに入るために有利と言われる幼稚園を受験するというケースもあります。
付属幼稚園については、その後の進学についても考慮した選び方をする必要があります。例えば、幼稚園で受験を済ませて、その後は受験をせずに過ごさせたいのであれば、エスカレーター式でなければいけません。
エスカレーター式で有名なのは、お茶ノ水女子大や学習院です。これらの学校は、付属幼稚園に入園できれば、大学まで内部審査のみで進学することができるので、学生の間は受験に煩わされることなく、様々なことにチャレンジできるのが良いと言われています。
その他には、付属幼稚園から小学校までは進学できる、あるいは高校まではエスカレーター式で進学できる、高校については内部受験がある、など様々です。付属幼稚園を受験するのであれば、その点についてもしっかり調べて、選び方の参考にしましょう。
幼稚園受験は、子供というよりも「親の受験」とも言えます。子供は受験をするという自覚を持つには幼すぎるので、親がリードしていかなければいけません。
しかし、あくまでも自然体で子供に接することが大切で、絶対に無理強いをしてはいけません。そして、幼稚園受験をさせることを決めたら、まずがしっかりと情報収集をすることが重要です。