親子で楽しむ体験入園

親子で楽しむ体験入園

幼稚園の選び方としては、その幼稚園に子供が合うかどうかに重点を置くのも良いでしょう。そのためには、実際に子供がその幼稚園に行って過ごしてみる必要があります。
そこで「体験入園」に参加してみてはいかがでしょうか。体験入園は夏から秋の時期に4回か5回ほど開催されることが多いようです。
幼稚園の体験入園は、子供たちの緊張をほぐすようなプログラムを組んでいて、楽しく過ごすことができます。例えばリズム遊びや体操、粘土で遊んだり、簡単な工作などです。また在園生とも遊んだり、先生方の出し物がある幼稚園もあります。
このように、体験入園は幼稚園の選び方の中では、親よりも子供の視点でチェックできる方法です。もちろん親にしても、幼稚園の雰囲気や先生方の様子をチェックすることができる良いチャンスです。
体験入園を希望する場合には、事前に幼稚園に問い合わせをしましょう。中には予約が必要な園もありますし、子供の上履きや親のスリッパが必要な場合もあります。それと、園によっては服装の指定があったり、工作の作品を持ち帰るための袋などを持参するように指示されることもあります。
このような事前の準備は、親がしっかりとしなければいけません。なぜなら当日に忘れ物をして親が慌てると、その気持ちが子供に伝わってナーバスになってしまったりするからです。
それと、体験入園では親が口出しをしたり、幼稚園の悪口を言うことは禁物です。親のちょっとした態度が原因で、子供は幼稚園嫌いになったりするので気をつけましょう。
体験入園は、子供の気持ちや要望を尊重できる選び方なので、ぜひ検討してみてください。