給食のメリット・デメリット

給食のメリット・デメリット

給食があるかないかを、幼稚園の選び方のポイントとして挙げるお母さんはたくさんいます。やはり毎日お弁当を作るのは、お母さんにとっては大変なので、給食があるのはとても助かるはずです。
幼稚園によっては、完全給食ではなくお弁当持参の日を設けているところもあるようですが、ほとんどの幼稚園では給食サービスを行っています。お母さんにしてみれば、お弁当作りが毎日ではないだけでもありがたいものです。
また、お母さんのお弁当の場合には、残さず食べて欲しいという気持ちから、おかずの選び方が偏って、つい子供の好きな物ばかりを入れてしまいがちです。これが好き嫌いにもつながるので、本人の好みに関係なく、おかずが出てくる給食の方が良いとも言えます。
給食なら、幼稚園児のお弁当にはあまり入れることがない魚のおかずや、健康食のひじきなども献立に含まれています。それと、お友達も皆で同じ物を食べるので、いつの間にか嫌いな物も食べていることもあります。
さらに、皆で食事をする一体感、準備やお片づけを通して協力し合う気持ちを学ぶことができます。また、衛生管理の概念も自然に身につくはずです。
しかし給食の内容によっては、良いことばかりではありません。幼稚園の給食の大部分は、園内調理ではなく外注の給食です。そのため、揚げ物が多めだったり、味が良くないという園もあります。
なお、「食物アレルギーがあるから、お弁当のみという選び方しかできない」と言う親もいますが、最近はアレルギー除去食を給食として出してくれる幼稚園もあります。諦めてしまわずに、問い合わせをすることをおすすめします。