早期教育で幼稚園を選ぶ

早期教育で幼稚園を選ぶ

最近は、早期教育に力を入れている幼稚園も増えてきました。人間の脳の成長は1歳から7歳までがピークであると言われているので、その時期に当てはまる幼稚園の年代に、積極的に脳を刺激しようというものです。
親も、我が子の個性や才能を伸ばしたいと強く願っているなら、早期教育にポイントを絞るのも幼稚園の選び方の一つです。その選び方ですが、早期教育と言っても様々な種類があるので、まずは我が子をどの方向に導きたいのかを考えましょう。
以下に、幼稚園で行われている主な早期教育について紹介しますので、選び方の参考にしてください。
・音楽
音楽の早期教育にも様々な種類があります。例えば、音を聞き取って楽譜を書く「聴音」、動きながらリズムを学び、音楽センスやリズム感を身につける「リトミック」、楽譜の読解力を身につける「ソルフェージュ」などです。いずれも専門の先生がレッスンを行います。
・英会話
幼稚園での英語学習は、ゲーム感覚で楽しく行います。音楽を使って英会話を覚えたり、ネイティブスピーカーから生の英語を学びます。小学校にも英語教育が導入されたので、幼稚園でいち早く学ばせようという親も増えています。
・スポーツ
スポーツジムのインストラクターや体育の派遣講師などによる、体育のレッスンを行う幼稚園もあります。最近の子供は外で遊ぶことが減って、小学生においては体力の低下が危ぶまれています。家庭教師として体育を依頼する家庭もあるほど、世の中では需要が高まっている分野です。